新幹線というバスで出向くピクニック戦略

ピクニックに出掛けるときは、トリップオフィスなどが募集するツアーに参加する戦術もおすすめです。
ツアーにはワンデイから滞在設計まで数多くありますが、鉄道での運転を取り入れるためより遠くまで出かけることができます。
近場のトリップを楽しみたい方はバスツアー、遠くへ出かけたい方には滞在設計をおすすめします。

長野の紅葉を楽しむトリップ設計の中には、関西発の設計も少なくありません。
また、複数の県内を訪ねる「中点・北陸領域の紅葉ツアー」などもあるため、お好みで選ぶといいですね。
 
そのうち、往復に北陸新幹線による設計が注目されています。
こちらの設計では、大阪・京都ターミナル~金沢ターミナル間は在来線、そこから上越妙高ターミナル間は北陸新幹線、現場では湯船を使う2泊3日光の月日になっています。
また、毎日まぶたの滞在会社は樺野沢温泉(新潟県内南魚沼市)の旅館、2日光まぶたの滞在先には北軽井沢の旅館(群馬県内吾妻郡嬬恋村)を利用します。

3日光まぶたのメインは旧軽井沢(長野県内北佐久郡軽井沢街角)の散歩。
以後、野尻湖(長野県内上水内郡信濃街角)で遊覧を楽しみます。
こちらの湖は、毎日まぶたに訪れた杉ノ原ロープウェー(新潟県内妙高市)から見極めることもできます。

なお、「北軽井沢」は浅間山北麓の一帯に位置する群馬県内吾妻郡長野原街角の大字、「旧軽井沢」は旧中山道の軽井沢宿のあった領域をいいます。

これまで、関西から都内領域への運転に新幹線を使うところ、東海道新幹線の空想がありましたが、今後は北陸新幹線によるトリップ設計も加わるかもしれませんね。ミュゼ町田の美容脱毛なら美肌トリートメント効果アップ